日本での風力発電

日本での風力発電

日本での風力発電

再生可能エネルギーの中の一つである風力発電。
日本での風力発電事情はどうなんだろうか?

 

風力発電は欧米ではかなり用いられているらしい。
しかし日本ではそれほど重要視されていなかったらしく、まだまだこれからというのが現状。
風力発電は再生可能エネルギーの中でも予想ができないらしい。
太陽光などは天気などでどれほどエネルギーが作り出せるか予測がつきやすいが、30分後の風を予測するのすら難しい。
そこで日本では太陽光には力が入っていて普及を進めているが風力はこれからということになっている。
また台風などの強風に耐えることができる風力発電の装置を作るのも大変だそうだ。
風の力を受けるように作らなければいけないが、強風に耐えうるだけの強度を持った装置というのはかなり難しくコストがかかるのだとか。

 

これは風力発電に限ったことではないが、エネルギーを作るのには平地が必要である。
そこで山の木々を伐採するなどすると、逆に土砂災害などの公害が発生する場合があるため言語道断。
このような事情もあって日本ではまだまだこれからというのが現状。

 

思うのだが、コストはかかるだろうが海上に風力発電の装置をつけているのを見たことがあるが、それは日本ではできないのだろうか?
技術的な問題や地理的な問題などは全く分からないが、自然を壊すことなくエネルギーを活用できるようになるのが本当に望ましいと思う。

ホーム RSS購読 サイトマップ