太陽光はどうっていく

太陽光はどうっていく

太陽光はどうなっていくのか

太陽光発電が注目されて、国や自治体でも力を入れて取り組んでいる。
多く発電すれば売電できるため企業なども取り組むところが増えてきている。
また個人単位でも家に太陽光をつけたりしている人も多くなっていた。

 

個人単位で自宅に太陽光パネルをつける人は色々説明を受けてつけているだろうが、果たしてもとはとれるのだろうか?
また企業単位で行っているのはほとんどが節税のためであろう。
太陽光に関して言えば、国が力をあげて取り組んでいるため太陽光パネルを設置する費用などすべて節税になるために行っている企業がある。
ただし売電価格というのは毎年変わってきており、もちろん下がってきている。

 

個人宅で太陽光パネルを進められて取り付けた人も
「10年で元が取れます、それからは自分の利益になりますよ」
などと営業の人に勧められて買ったのだろうが、10年で元が取れるというのはその時の売電価格によるものだ。
売電価格が下がってくれば10年では元が取れなくなる。
さらにぱねるが故障などすれば、修理費用なども出ていくこととなる。
なので得をしようとして太陽光パネルを設置した人にとっては今後どうなっていくかとても気になるであろう。

 

ただし太陽光パネルを設置することでエコに協力しようとする意識であれば全く問題ないというか素晴らしいと思う。
そういう人は売電価格が下がってしまっても地球にやさしくということでたいして気にしなくて済むのではないだろうか。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ